オーダーの流れ

オーダーの流れ

店頭にあるフレームをただ掛けただけでは、お客様の顔に合うものはありません。

掛け具合を調整しないでサングラスやメガネを作ると、お客様の眼の中心にレンズの光学中心が合っていないものが出来てしまいます。正確な度数の、お客様に合ったサングラスにならないのです。
合っていないサングラスをかけていると、頭痛・肩こり・吐き気などを起こす場合がございます。掛け具合を調整しないと、さまざまな不具合が起きてしまうのです。

(1)まず掛け具合をみて調整します

かけ具合の調整写真ご来店後、お好きなフレームを選んでいただいたのち、掛け具合みせていただきます。お客様に合ったメガネにするために、この作業は必要ですので、必ずお客様本人にご来店いただきたいと思います。

(2)眼の中心に印を付けます

しるしがついている写真選んでいただいたメガネのフレームの中心と、お客様の眼の中心が合った場所に印をつけます。この印を軸にメガネを調整していきますので、非常に大切な作業です。

(3)度数の確認

検眼の写真お客様の度数を確認するため「メガネのスエナガ」店内で、最新鋭度数検査機を使い検眼をいたします。その後、お客様の普段使われているメガネと同じ度数にするなどのご希望もお伺いし、レンズの度数を決定いたします。

一回目のご来店時はここまでです。
どうしても二回目ご来店できないお客様には、(1)の掛け具合のままご郵送させていただきます。

(4)レンズ加工機で精密に加工

加工機の写真お客様に合ったレンズをメーカーに発注し納品されると「メガネのスエナガ」では、加工前のレンズを検品いたします。検品でヒズミや偏光軸の確認などをするのです。
(2)で確認したように、お客様の眼の中心とレンズの光学中心が合うようにレイアウトします。
その後、加工機にフレームの形状を読み込ませ、精密にレンズを削ります。

(5)セッティングとチェック

セッティングとチェック加工機で削り上がったレンズを、フレームに合わせるために微調整し、レンズをフレームにセットします。この後ライトボックスでレンズにヒズミがないか、などの確認をいたします。また、フレームの鼻加工などもこのときにいたします。

(6)掛け具合の最終チェック

掛け具合の調整お客様が出来上がったメガネを取りにいらしたときに、最終的な掛け具合のチェックをさせていただきます。眼の中心がフレームの中心と合っているか、レンズと睫毛が当たらないか、掛け心地はどうか、などの確認をすることで、メガネは完成品になるのです。

(7)商品のお渡し

完成品完成品したメガネをケースに入れて、製品保証書と取扱い説明書と共に、お客様へお渡しします。
しかし、経年するうちに掛け具合に違和感が出ることがございます。快適に愛用していただくために定期的なメンテナンスをおすすめしておりますので、調整の際にはお気軽にご来店ください。


掛け具合の主なチェック項目

眼鏡の悪い掛け方の例